スチュワードシップタスクを書き込むジョブの作成 - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

このジョブはTalend Data Stewardshipに接続し、各種キャンペーンのタスクの形式でデータレコードを書き込みます。

以下に示す例をレプリケートするには、このヘルプページの左側のペインの[Downloads] (ダウンロード)タブからtdatastewardshiptaskoutput_write_tasks_in_campaigns.zipファイルを取得します。

始める前に

  • タスクを作成するキャンペーンはTalend Data Stewardshipで定義されており、スキーマは明確に定義されています。

  • 作成するタスクには、キャンペーンで定義されているのと同じスキーマが定義されている必要があります。

  • [Campaign Owner] (キャンペーン所有者)ロールで割り当てられており、 サーバーのキャンペーンにアクセス権限が付与されているはずです。

手順

  1. デザインワークスペースでtDataStewardshipTaskOutputと入力し、表示されるリストからこのコンポーネントを選択します。作業を繰り返して、ワークスペースに他の2つのtDataStewardshipTaskOutputコンポーネントを追加します。
  2. 同じようにしてワークスペースに3つのtFileInputDelimitedコンポーネントを追加します。
    [Grouping] (グルーピング)キャンペーンでタスクを書き込むジョブの場合は、tMatchGrouptMapコンポーネントを使用して、類似したレコードをグループ化するためのマッチルールを作成します。詳細は、類似のレコードをグループ化するためのマッチングルールの作成を参照してください。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使用してtFileInputDelimitedコンポーネントをtDataStewardshipTaskOutputコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOkリンクを使用して、tDataStewardshipTaskOutputコンポーネントを一緒にリンクします。