入力およびルックアップデータの読み取りおよび関連カラムに対する結合の作成 - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

CSVファイルから読み込まれた2つのtFileInputDelimitedコンポーネントにより、海外の顧客に関するデータおよびスチュワードのメールや国に関するルックアップデータが入力されます。tMapコンポーネントは、入力およびルックアップデータの[country] (国)カラムの行を結合します。

ルックアップファイルのレコードと一致しない国の顧客が存在する場合、ジョブではキャンペーンのタスクが書き込まれますが、未割り当てのままになります。

手順

  1. tFileInputDelimitedの各コンポーネントをダブルクリックして、[Basic setting] (基本設定)ビューを開きます。
  2. 最初のコンポーネントの入力ファイル構造に対応するスキーマ、および2番目のコンポーネントのルックアップファイルのスキーマを定義します。
  3. 対応するフィールド、ヘッダーおよびフッターに行とフィールドの区切り記号を設定します(該当する場合)。
  4. tMapをダブルクリックして、エディターを開きます。
  5. 入力データフローを[loadtasks]テーブルの出力フローにマップします。
    tMapの詳細は、kym1550477881717.htmlを参照してください。
  6. ルックアップデータへの結合を作成するには、メインフローの[country] (国)カラムをルックアップフローの同じカラムにドロップします。
  7. ルックアップフローから[steward] (スチュワード)カラムを[loadtasks]テーブルの同じカラムにマッピングします。
  8. [OK]をクリックして、エディターを閉じます。