マージングキャンペーンでのスチュワードシップタスクを書き込むジョブの作成 - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

Talend Data Stewardshipに接続し、タスクの形式で[Merging] (マージング)キャンペーンにデータレコードを書き込むジョブを作成します。

以下に示す例をレプリケートするには、このヘルプページの左側のペインの[Downloads] (ダウンロード)タブからtdatastewardshiptaskoutput_write_merging_tasks.zipファイルを取得します。

始める前に

  • タスクを作成するキャンペーンはTalend Data Stewardshipで定義されており、データモデルは明確に定義されています。

  • 作成するタスクには、キャンペーンで定義されているのと同じデータモデルが定義されている必要があります。

  • [Campaign Owner] (キャンペーン所有者)ロールで割り当てられており、 サーバーのキャンペーンにアクセス権限が付与されているはずです。

手順

  1. デザインワークスペースでtDataStewardshipTaskOutputと入力し、表示されるリストからこのコンポーネントを選択します。
  2. 同じようにしてワークスペースにtFileInputDelimitedtMatchGroupおよびtMapコンポーネントを追加します。
  3. tMatchGroup[Advanced settings] (詳細設定)で、[Separate output] (出力の分割)チェックボックスをオンにして、固有、一致、および疑わしいレコードの出力フローを変更します。
    これにより、データをTalend Data Stewardshipにロードする時に一意のレコードを除外し、一致するレコードや疑いのあるレコードまたはその両方のロードを決定できます。
  4. [Matches] (マッチ)リンクを使用してtMatchGrouptMapにリンクし、[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使用して他のコンポーネントをリンクします。