キャンペーンIDのコンテキスト変数を定義する - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
キャンペーンIDを使ってコンテキスト変数を定義し、ランタイム時にジョブにパスして、データをどのキャンペーンに入力するかを決定します。

このタスクについて

このプロシージャーでは、ジョブの[Contexts] (コンテキスト)ビューにインポートする前に、Studioのリポジトリーでコンテキストグループとそのコンテキスト変数を定義する方法を説明します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Contexts] (コンテキスト)ノードを右クリックし、メニューから[Create context group] (コンテキストグループの作成)を選択します。
  2. 開いたウィザードで、コンテキストグループの名前、目的、および説明を入力します。この例ではCampaignIdContextGroupと入力します。
  3. [Next] (次へ)をクリックして2番目のステップに進み、コンテキスト変数の定義を開始します。

    Defaultという名前のコンテキストが作成され、デフォルト環境として設定されます。

  4. テーブル下の[+]ボタンをクリックし、3行を追加します。
  5. [Name] (名前)フィールドをクリックし、作成する変数の名前を入力します(この例では、CampaignId_DevCampaignId_QACampaignId_Prod)。
  6. 3つの変数にはデフォルトの[String] (文字列)型を保持します。
  7. [Value] (値)フィールドをクリックし、引用符内のテキストにTalend Data Stewardshipインスタンス上で定義したDev、QA、Prodキャンペーンの各IDを入力します。
    注: ジョブをキャンペーンに接続したら、tDatastewardshipTaskOutputコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)ビューにファイルされている[Campaign ID] (キャンペーンID)からキャンペーンの技術名を取得できます。または、Talend Data StewardshipインスタンスのキャンペーンURL、またはTalend Data Stewardship REST APIから取得できます。
  8. [Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じ、[Contexts] (コンテキスト)ノードの下にグループを作成します。
  9. デザインワークスペースのジョブの下で[Contexts] (コンテキスト)ビューを開きます。
    [Contexts] (コンテキスト)タブが表示されない場合は、Studioで[Window] > [Show view] (ビューの表示) > [Talend] > [Contexts] (コンテキスト)の順に選択して、[Contexts] (コンテキスト)ビューを開きます。 view
  10. 新しいグループを[Repository] (リポジトリー)から[Contexts] (コンテキスト)ビューにドロップします。