マージングキャンペーンにタスクを書き込むためのジョブの実行 - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

このタスクについて

注: Talend Data Stewardship[Merging] (マージング)キャンペーンにタスクをロードする時に、同じTDS_GIDを持つレコードが同じタスク内にグループ化されるように、データレコードはグループIDでソートしてください。ジョブは1回だけ実行してください。

手順

[F6]を押してジョブを実行します。
一致するコンポーネントによって作成された類似レコードのグループは、[CRM Data Deduplication] (CRMデータ重複除去)キャンペーンにタスクの形式で書き込まれ、ソース名はtMapコンポーネントで定義したように[CRM]に設定されます。
入力データのソースが複数あり、ソース名が入力スキーマで定義されている場合、Talend Data Stewardshipは各冗長レコードのソース名を表示し、タスクリストは次のようになります:

タスクの作成時にソースレコードごとにトラストスコアを定義すると、このスコアはキャンペーンの作成時に定義したスコア(もしあれば)をオーバーライドします。

権限を持つデータスチュワードはここでデータレコードにアクセスし、リストに表示されるタスクを解決できます。