コンポーネントの設定 - 7.3

Sybase

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Sybase
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Sybase
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Sybase

手順

  1. tRowGeneratorコンポーネントをダブルクリックして、[RowGenerator]エディターを開きます。
  2. [+]ボタンをクリックして2つのカラムを追加し、以下のようにプロパティを設定します:
    • [Functions] (関数)リストからid、[Integer] (整数)タイプ、Numeric.sequence(String,int,int)を使用して連続番号を生成します。

    • [Functions] (関数)リストから、name、[String] (文字列)タイプ、TalendDataGenerator.getFirstName()を使用してランダムな名前を生成します。

  3. [Number of Rows for RowGenerator] (RowGeneratorの行数)フィールドに、生成する行の数を入力します。この例では、デフォルト値100のままにしておきます。
  4. [OK]をクリックしてエディターを閉じ、ポップアップダイアログボックスで [Yes]をクリックして、スキーマを次のコンポーネントにプロパゲートさせます。
  5. tSybaseIQOutputBulkExecコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)フィールドに、Sybase IQ 12データベースへのアクセスに必要な情報を入力します。
  7. [Table] (テーブル)フィールドに、データが書き込まれるテーブルの名前を入力します。この例では、staffになります。
  8. [Action on table] (テーブルのアクション)リストで、[Create table if not exists] (存在しない場合はテーブルを作成)を選択します。
  9. [Filename] (ファイル名)フィールドに、データを保持するファイルの完全パスを入力します。