tEXistConnection標準プロパティ - 7.3

EXist

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXist
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXist
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXist

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtEXistConnectionを設定するために使います。

Standard tEXistConnectionコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[URI]

接続先となるデータベースのURI。

[Collection] (コレクション)

データベースサーバー上の対象のコレクションへのパスを入力します。

ドライバー

このフィールドには、標準ドライバーが自動的に入力されます。

注:

ユーザーは、必要に応じて異なるドライバーを入力できます。

[Username] (ユーザー名) [Password] (パスワード)

Dbユーザー認証情報。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般に、他のtEXist*コンポーネント、特にtEXistGetおよびtEXistPutコンポーネントと共に使います。tEXistConnectionコンポーネントで接続プロパティを設定すると、同じジョブ内の他のtEXist*コンポーネントの接続を再利用できます。

eXist-dbは、XML技術を使用して構築されたオープンソースのデータベース管理システムです。これは、XMLデータモデルに従ってXMLデータを保存し、効率的なインデックスベースのXQuery処理を特長としています。

XQueryの詳細は、XQueryを参照してください。

XQuery更新拡張の詳細は、XQuery更新拡張を参照してください。

制限事項

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。