外部MongoDBでインストールされたTalend Data Stewardship 6.3.xからの移行 - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform 移行ガイド

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

始める前に

Talend Dictionaryサービスをインストールおよび使用して、カスタムセマンティックタイプを作成したり、事前定義されたセマンティックタイプを更新した場合は、Talend Dictionaryサービスを移行してから、Talend Data Stewardshipを移行する必要があります。Talend Dictionaryサービスバージョン6.3.xから6.4.xへの移行を参照してください。

Talend Data Stewardship 6.4をダウンロードしました。

手順

  1. Talend Data Stewardship 6.3.xのインスタンスを停止しますが、MongoDBは実行し続けます。
  2. 以下のコマンドを実行して、MongoDBの実行中にMongoDBをバックアップします。<mongo_path>/bin/mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> -o <backup_location>
    詳細については、『MongoDB documentation 』を参照してください。
  3. MongoDBインスタンスを停止します。
  4. MongoDB 3.4.2をインストールして起動します。
    Talend Data Stewardship 6.4ではMongoDBの3.4.2バージョンを使用しています。
  5. MongoDBを復元し、コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。<mongo_path>/bin/mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> <backup_location>
  6. 外部MongoDBでTalend Data Stewardship 6.4.xをインストールし、6.3.xインスタンスと同じ設定で設定します。特にTalend Administration Centerへのリンクを設定し、MongoDB 3.4.2をポイントします。
    Talend Data Stewardshipのインストールおよび設定手順の詳細については、『Talend Data Stewardshipのインストールと設定インストールガイド』を参照してください。
  7. 6.3バージョンの<Data_Stewardship_Path>/conf/data-stewardship.propertiesファイルにカスタム設定を実行した場合は、古い設定ファイルの値をコピーして6.4バージョンのファイルを更新します。
  8. Talend Data Stewardship 6.4.xを起動

タスクの結果

Talend Data Stewardship 6.4.xを使用する準備が完了しました。