子から親の関係クエリーを生成するためのスキーマを設定する方法 - 7.3

Salesforce

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

このセクションでは、子から親の関係クエリーを生成するためのモジュール名とスキーマカラムを設定する方法を示します。

次の2つの子から親の関係クエリーの例は、次の手順のデモンストレーションを目的としています。

  • SELECT Name, Account.Name, Account.Owner.Name FROM Contact: 標準オブジェクトとフィールドを使った子から親の関係クエリー、および

  • SELECT Id, FirstName__c, MotherOfDaughter__r.FirstName__c FROM Daughter__c: カスタムオブジェクトとフィールドを使った子から親の関係クエリー。

    ここでは__r instead of __cで関係名を使う必要があります。詳細については、Understanding Relationship Names, Custom Objects, and Custom Fieldsを参照してください。

手順

  1. 上記の例のFROM句、ContactDaughter__cで指定されたオブジェクトの名前を使って、モジュール名を設定します。
  2. スキーマダイアログボックスのSELECTの後ろに、(カンマで区切られた)フィールドリスト内の各フィールドにカラムを作成します。

    最初の例では、3つのフィールドNameAccount.NameAccount.Owner.Nameに3つのカラムを作成する必要があります。

    2番目の例では、3つのフィールドIdFirstName__cMotherOfDaughter__r.FirstName__cに3つのカラムを作成する必要があります。

  3. 各カラムの名前を各フィールドの名前に設定し、カラム名のすべてのドットをアンダースコア文字に置き換えます。

    最初の例では、3つのカラムの名前がNameAccount_NameAccount_Owner_Nameに設定されています。

    2番目の例では、3つのカラムの名前がIdFirstName__cMotherOfDaughter__r_FirstName__cに設定されています。

  4. 各カラムのタイプを設定します。

    最初の例のスキーマは次のように設定する必要があります。

    2番目の例のスキーマは次のように設定する必要があります。

    Talendスキーマでは、アンダースコア文字'_'は関係名とフィールド名の間の区切り記号として使われます。したがって、クエリーを生成する時に'__r'または'__c'の後ろに続くアンダースコア文字'_'のみがドット文字'.'に置き換えられます。Contact_custom_field__cのようにアンダースコア文字'_'がスキーマ内のカスタム名の一部である場合、クエリー内ではContact.custom_field__cとすべきなので、生成されたクエリー内の'_'を手動で'.'に置き換える必要があります。