外部IDを使ってSalesforceアカウントレコードを挿入する - 7.3

Salesforce

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

手順

  1. 2番目のtSalesforceOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、Salesforce接続を作成するコンポーネントを選択します。この例ではtSalesforceConnection_1です。
  3. [Module Name] (モジュール名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、データを挿入するオブジェクトを選択します。この例ではAccountです。Accountオブジェクトのスキーマは自動的に入力されます。
  4. [Edit schema] (スキーマの編集の横にある[...]ボタンをクリックして、ポップアップダイアログボックスで、Nameおよびtalendlena__Account_External_ID__cという2つのカラムを除くすべてのスキーマカラムを削除します。続いてをクリックして、これら2つのカラムを最初のtFixedFlowInputコンポーネントにコピーします。完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. [Output Action] (出力アクション)ドロップダウンリストから[INSERT] (挿入)を選択します。
  6. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Table] (インラインテーブルの使用)を選択して、表示されたテーブルに、Salesforceアカウントオブジェクトに挿入するデータを入力します。この例では、次の2つのレコードが挿入されます。
    account_talend;account_talend_exid
    account_talend_doc;account_talend_doc_exid

    [Use Inline Content] (インラインコンテンツの使用)を選択して、表示された[Content] (コンテンツ)フィールドに入力データをコピーして貼り付けることもできます。