tSalesforceInputの推測クエリー機能のスキーマを設定する方法 - 7.3

Salesforce

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
tSalesforceInputを使うと、定義されたモジュールとスキーマに基づいて、標準オブジェクトとフィールド、およびカスタムオブジェクトとフィールドの両方でSOQLクエリーを生成できます。このセクションでは、SOQLクエリーを生成する時にモジュールとスキーマを設定する方法を示します。

SOQLクエリーには次の2つのタイプがあります: 単純なクエリーと関係クエリー。

単純なクエリーは、1つのオブジェクトのみからデータを取得します。単純なクエリーを生成するためのモジュールとスキーマを設定する方法の詳細は、単純なクエリーを生成するスキーマを設定する方法を参照してください。

関係クエリーは、子から親への関係クエリーや親から子への関係クエリーなど、複数の種類のオブジェクトからデータを取得します。

子から親への関係クエリーを生成するためのモジュールとスキーマを設定する方法の詳細は、子から親の関係クエリーを生成するためのスキーマを設定する方法を参照してください。

親から子への関係クエリーを生成するためのモジュールとスキーマを設定する方法の詳細は、親子関係クエリーを生成するためのスキーマを設定する方法を参照してください。

tSalesforceInput[Basicsettings] (基本設定)ビューで関係クエリーを生成するためのモジュール名とスキーマカラムを設定する前に、生成するクエリーの関係タイプ(子から親または親から子)を最初に識別する必要があります。これは、これら2種類の関係クエリーのスキーマカラム名を設定する方法が多少異なるためです。子から親への関係クエリーと親から子への関係クエリーの主な違いは、親から子への関係クエリーは括弧で囲まれたサブクエリーを使って指定されるのに対し、子から親への関係クエリーはそうでないことです。SOQLの関係クエリー、および関係クエリーを識別する方法の詳細は、Relationship Queriesを参照してください。