挿入されたSalesforceアカウントレコードを取得する - 7.3

Salesforce

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

手順

  1. 2番目のtSalesforceInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、Salesforce接続を作成するコンポーネントを選択します。この例ではtSalesforceConnection_1です。
  3. [Module Name] (モジュール名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、データを取得するオブジェクトを選択します。この例ではAccountです。Accountオブジェクトのスキーマは自動的に入力されます。
  4. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、ポップアップダイアログボックスで、IdNametalendlena__Account_External_ID__cという3つのカラムを除くすべてのスキーマカラムを削除します。終了したら、[OK]をクリックして変更を保存し、ポップアップダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして、スキーマを次のtLogRowコンポーネントにプロパゲートします。
  5. [Query Mode] (クエリーモード)ドロップダウンリストから[Query] (クエリー)を選択し、取得するデータのフィルタリングに使う条件を指定します。この例ではName like '%talend%'です。

    Nameフィールドにtalendが含まれているすべてのSalesforceアカウントレコードが取得されます。

  6. 3番目のtLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Mode] (モード)エリアからTableを選択して、結果をテーブルに表示します。