ベータテストのためのアービトレーションキャンペーンの追加 - 7.2

Talend Data Stewardshipの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

[Arbitration] (アービトレーション)キャンペーンは、タスクで選択できるアービトレーションのリストを定義します。アービトレーションタスクの結果として、データスチュワードによりアービトレーションの選択が行われます。

キャンペーン所有者として、キャンペーンを作成し、管理するデータの構造、データに対して実行されるアクション、およびどのデータスチュワードがどのタスクを実行するかを決定する必要があります。

自社製品の1つに対してベータテストプロジェクトを行う場合を考えてみてください。製品ターゲット市場にマッチさせるベータテストは通常、既存客からテスト候補を選択することから始まります。

始める前に

  • 管理者がスチュワードシップユーザーを作成し、Talend Administration Centerでロールを割り当てていること。ユーザーの作成の詳細は、Talend Data Stewardshipユーザーガイドを参照してください。

  • Talend Administration Centerには、キャンペーン所有者のロールが割り当てられいること。

  • ユーザーがキャンペーンの所有者としてTalend Data Stewardshipにアクセスしていること。