アービトレーションキャンペーンでのワークフローの定義 - 7.2

Talend Data Stewardshipの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
ワークフローでタスクの1つの状態から別の状態への移行を制御します。キャンペーンタスクを解決するためにデータスチュワードがどのような作業を行うか、つまりどのスチュワードがどのタスクの状態にアクセスでき、どのような移行を処理できるかを定義します。

このタスクについて

Beta Candidates (ベータ候補者) キャンペーンでは、初期状態が1つと最終状態が1つ含まれるデフォルトワークフローを使用する必要があります。タスクは、データスチュワードに割り当てられ、最初の状態で処理された後、解決済みとしてマークされます。

手順

  1. [New] (新規)フィールドをクリックし、[Roles] (ロール)セクションで定義したロールを選択して、新しいタスクにアクセスを付与します。
  2. [Resolved] (解決済み)フィールドで同じ操作を行い、解決済みタスクへのアクセスを付与するロールを選択します。
    解決済みのタスクにアクセスできるデータスチュワードは、タスクを再度開いて、ワークフローの以前の状態に戻すことができます。
  3. オプションで、ワークフロー内の任意のステップの名前の横にある編集アイコンをクリックし、必要に応じて名前を変更できます。
  4. [ADD CAMPAIGN] (キャンペーンの追加)をクリックしてキャンペーンを作成し、保存します。

次のタスク

  1. Talendジョブを使用してキャンペーンにタスクを読み込みます。

    詳細は、Data Stewardship components (英語版)を参照してください。

  2. タスクをデータスチュワードに割り当てます。

  3. タスクの解決を開始します。