Talendインストーラーを使用した詳細クライアントインストールの実行 - 7.1

Windows版Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド

Version
7.1
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

詳細クライアントインストールは、Talend StudioTalend Data Stewardshipおよびライセンスに基づいて、Talend Runtimeをカスタム設定でインストールするための便利な方法です。詳細クライアントインストールでは、これらのモジュールをサービスとしてマシンにインストールし、Talend SAP RFC Serverを設定することもできます。

詳細クライアントインストールを使用してカスタマイズできるオプションの詳細については、Talendインストーラーを使用したTalendクライアントモジュールのインストールを参照してください。

始める前に

  • 必要なファイルをすべてダウンロードします。詳細は、Talendインストーラー固有の前提条件を参照してください。
  • デフォルトポートがすべて開いていることを確認します。詳細は、ポート情報を参照してください。
  • 組み込みのMongoDBデータベースを使用する場合は、マシンにインストールされるMongoDBの他のインスタンスがないことを確認してください。

  • distファイルがTalend-Installer-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C-windows-installer.exeと同じフォルダにあることを確認します。

手順

  1. インストーラーを実行します。
    • デスクトップからTalendインストーラーを実行するには、実行権限を持つスーパーユーザーとしてログインし、Talend-Tools-Installer-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C-windows-installer.exeファイルをダブルクリックします。
  2. 使用許諾契約書に同意します。
  3. Talend製品をインストールするディレクトリを選択します。
    注: Talend Data Preparationの場合、インストールパスの最大長は32バイトです。
  4. インストールスタイルリストからAdvanced Install (詳細インストール)、インストールタイプリストからClient(クライアント)を選択します。
  5. ライセンスファイルを追加します。
  6. インストールを開始します。
  7. インストールが完了したら、distファイルを削除し、ディスクに保存できます。

タスクの結果

Talendインストーラーによりusedports.txtファイルが作成され、Talend サーバーモジュールで使用されるポートがすべてここに表示されます。

ユーザー名がtds-userで、パスワードがduserのユーザーが、Talend Data Stewardship用にMongoDBで自動的に作成されます。

ユーザー名がdataprep-userで、パスワードがduserのユーザーが、Talend Data Preparation用にMongoDBで自動的に作成されます。

組み込みMongoDBインスタンスを使用する場合、Talendインストーラー は、MongoDBインストールフォルダーのルートにAdminUser.txt ファイルを生成します。管理者権限を持つユーザーの資格情報がクリアテキストでここに含まれています。このファイルへのアクセスを制限することをお勧めします。