SnapshotsおよびReleasesアーティファクトリポジトリー - 7.1

Windows版Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド

Version
7.1
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

次の図は、SnapshotsリポジトリーやReleasesリポジトリーからTalend Studio、実行サーバー、Talend Administration Center (TAC)にリンクするアーキテクチャーを示しています。

アーティファクトリポジトリーは、Studioで作成されたすべてのサービス、ルートおよびジョブ、あるいはその他のJava IDEで作成された任意の汎用OSGi機能をアーティファクトとして保存するためにも使用されます。

アーティファクトはTalend Studioからsnapshotsおよびreleasesリポジトリーに公開できます(Talend Artifact Repositoryに統合済み)。アーティファクトは実行サーバーに提供され、Talend Administration Center (TAC)で選択してデプロイメントを設定できます。

Talend Administration Center (TAC)はまた、アーティファクトのステータスとURLを取得し、そのページにJob ConductorESB Conductor を表示します。

アーティファクトのデプロイメントがTalend Administration Center (TAC)で開始されると、実行サーバーはアーティファクトリポジトリー内の対応するアーティファクトをリクエストします。次に、アーティファクトをデプロイおよび実行できます。

アーティファクトを保存するために2つの組み込みリポジトリーが用意されています。
  • snapshotsリポジトリー。開発目的でスナップショットアーティファクトを公開します。

  • releasesリポジトリー。本番稼働目的で安定したアーティファクトを公開します。

これらのアーティファクトリポジトリーをインストールおよび設定する方法の詳細は、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定を参照してください。