コンシューマーにコンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.0

データサービスとルーティングのサンプル

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. [Palette] (パレット)[Misc] (その他)コンポーネントグループでtFixedFlowInputコンポーネントをクリックします。次にデザインワークスペースの左側をクリックして、デザインエリアにこのコンポーネントを挿入します。
  2. 同じ手順を使って、[Palette] (パレット)の各グループからtXMLMaptESBConsumertLogRowのそれぞれのコンポーネントをドロップします。
  3. 入力コンポーネントをマッパーにリンクするには、tFixedFlowInputを右クリックし、それをクリックしたままtXMLMapにドロップします。
  4. tXMLMaptESBConsumerにリンクするには、tXMLMapを右クリックし、それをクリックしたままtESBConsumerにドラッグします。ポップアップウィンドウが開いたら、出力行リンクに付ける名前を入力します。例: request。次に、tESBConsumerからスキーマを取得するように指示するプロパゲーションを受け入れます。
  5. [Response]行リンクを使って、tESBConsumerコンポーネントをtLogRowにリンクします。

    データサービスコンシューマーのジョブは次の図のようになります。

タスクの結果

次に各コンポーネントを設定する必要があります。