tFixedFlowInputコンポーネントの設定 - 7.3

tMemorizeRows

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows
データガバナンス > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、入力データのデータ構造を定義します。
  3. このエディターで[+]ボタンを3回クリックして3列のカラムを追加し、idnameageという名前を付けます。
  4. [Type] (タイプ)カラムでは[id]および[age][Integer] (整数)を選択します。
  5. [OK]をクリックしてエディターを閉じ、[Yes] をクリックしてこれらの変更を検証し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで表示される伝播を受け入れます。
  6. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択します。
    [Content] (コンテンツ)フィールドに、以下の顧客データを入力します:
    1;Judy;27
    2;Lily;45
    3;Peter;59
    4;John;30
    5;Teddy;45