異なる年齢および最低年齢データの取得 - 7.3

tMemorizeRows

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows
データガバナンス > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tMemorizeRows

このシナリオでは、顧客グループの異なる年齢の出現回数および最低年齢を表示します。このシナリオでは、顧客データは手動で入力します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

tMemorizeRowsを使用してこのデータを処理するには、以下の2つの方法があります:

  • 同一サブジョブ内(tJavaFlex)

  • tMemorizeRowsサブジョブ外 (tJavaを使用)

このジョブは以下の5つのコンポーネントを使用しています:

  • tFixedFlowInput: ID、名前、顧客の年齢などの顧客データ行が含まれます。

  • tSortRow: 年齢データに基づいて行をソートします

  • tMemorizeRows: 常時特定の行数の受信データを一時的に記憶し、記憶されたデータ行のインデックスを設定します。

  • tJavaFlex: 先行コンポーネントによって記憶されたデータの年齢の値を比較し、異なる年齢の出現回数をカウントし、年齢を[Run] (実行)ビューに表示します。

  • tJava: 異なる年齢の出現回数および最低年齢を表示します

このシナリオを複製するには、次の手順に従います。