非一致データの参照 - 7.2

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
カラム分析の実行後に、一致データと非一致データのビューにアクセスすることができます。この機能は、たとえば無効な行を確認して、そのようなデータを検証およびクリーン化するために必要な措置を分析する場合に大変役立ちます。

始める前に

  • StudioでProfilingパースペクティブを開いていること。

  • カラム分析を作成し、実行済みであること。

手順

  1. [Analysis Results] (分析結果)ビューで、電子メールカラムの統計結果の[Blank Count] (空白カウント)を右クリックし、たとえば[View rows] (行の表示)を選択します。

    ビューが開き、電子メールカラムにすべての空白行がリスト表示されます。

  2. [Analysis Results] (分析結果)ビューで、電子メールカラムの[Pattern Matching] (パターンマッチング)の結果を右クリックし、たとえば[View invalid values] (無効な値を表示)を選択します。

タスクの結果

ビューが開き、無効な電子メールアドレスのすべてがリスト表示されます。