データモデル内のエンティティをリンクする外部キーの定義 - 7.2

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
以下の手順では、Movieデータモデルにビジネスエンティティを作成するで作成したエンティティをリンクする外部キーを定義する方法を説明します。

手順

  1. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルで、外部キーとして設定するエレメントを右クリックし、コンテキストメニューから[Set the Foreign Key] (外部キーの設定)を選択します。

    この例では、MovieエンティティからDirector属性を右クリックします。

    [Set the Foreign Key] (外部キーの設定)ダイアログボックスが表示されます。

    外部キーは常に文字列でなければなりません。

  2. [...]ボタンをクリックして、[Select Xpath] (Xpathの選択) ダイアログボックスを開きます。
  3. Director属性Idまで移動し、ダイアログボックスの最下部の[Add] (追加)をクリックします。

    外部キーへのXpathは、[Set the Foreign Key] (外部キーの設定)ダイアログボックスに表示されます。

  4. [OK]をクリックして外部キーの設定を終了します。

    外部キーは、Movieエンティティ内のDirector属性の[Annotations] (注釈)ノードの下で、Director/Idに設定されています。

  5. 同じ手順に従って、Customerエンティティ内のMovie属性を、Movieエンティティをポイントする外部キーとして設定します。

タスクの結果

Movieデータモデル内で、データモデル内のエンティティをリンクするために外部キーが追加されています。また、[Design] (デザイン)タブをクリックして、グラフィカルデザイナー内のデータモデルに含まれているエンティティの間の関係を表示することもできます。詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。