コンポーネントを設定 - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択します。
    [Content] (コンテンツ)フィールドに、MySQLデータベースに書き込むデータを入力します。たとえば、以下のようにします。
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 11:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 13:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 14:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    AS2152;Washingto Berry Juice;2013-02-19 12:14:15;3.6
    表示されている注文は、単にtAssertの仕組みを示すための例であり、この例での数は20未満です。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックして4つのカラム、つまり、product_idproduct_namedatepriceを追加し、これらの型はそれぞれ[String] (文字列)[Date] (日付)[Float] (浮動)です。
    [OK]をクリックして設定を確定し、エディターを閉じます。
  4. tMysqlOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  5. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドに、接続の詳細と認証情報を入力します。
  6. [Table] (テーブル)フィールドにテーブルの名前、たとえば、orderと入力します。
  7. [Action on table] (テーブルへのアクション)リストで、[Drop table if exists and create] (テーブルが存在する場合はドロップして作成)オプションをオンにします。
  8. [Action on data] (データの処理)リストで、[Insert] (挿入)オプションをオンにします。
  9. tAssertをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  10. [Description] (説明)フィールドに、この場合はtAssertの目的の説明を入力します。
  11. [Expression] (式)フィールドに、データを定数と比較できる式を入力します。
    ((Integer)globalMap.get("tMysqlOutput_1_NB_LINE_INSERTED"))>=20
  12. tLogRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  13. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択すると表示が見やすくなります。