コンポーネントを設定 - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックすると、それぞれ整数と文字列タイプの3つのカラム、つまり[ID_Owners][Name_Customer]、および[ID_Insurance]が追加されます。
  4. [Ok]をクリックして設定を検証し、エディターを閉じます。
  5. 表示されるダイアログボックスで、[Yes]をクリックして、変更を後続のコンポーネントにプロパゲートさせます。
  6. [Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用: 区切りファイル)オプションを選択します。
  7. [Content] (コンテンツ)ボックスに1;Andrew;888と入力します。
  8. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. [File Name] (ファイル名)フィールドに、統計データを保存するファイルのフルネームを入力します。
  10. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. [Vertical (each row is a key/value list)] (垂直: キー/値リストの各行)を選択して結果をより適切に表示します。