tDieコンポーネントによってトリガーされたメッセージをキャッチするためのジョブを作成する - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

tDieコンポーネントを使ってメッセージをトリガーし、tLogCatcherコンポーネントを使ってそのメッセージをキャッチし、コンソールに表示するためのジョブを作成します。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、デザインワークスペースに名前を入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして、tRowGeneratorコンポーネント、tFileOutputDelimitedコンポーネント、tDieコンポーネント、tJavaコンポーネント、tLogCatcherコンポーネント、tLogRowコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tRowGeneratorコンポーネントをtFileOutputDelimitedコンポーネントにリンクします。
  3. [Trigger] (トリガー) > [Run if] (条件付き実行)接続を使って、tFileOutputDelimitedコンポーネントをtDieコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tRowGeneratorコンポーネントをtJavaコンポーネントにリンクします。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tLogCatcherコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクします。