サブジョブおよびサブジョブの一部の処理時間の測定 - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

このシナリオのサブジョブでは、以下の内容を順に実行します:

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • 姓と名の1,000,000行を生成します。
  • 名と対応する姓を収集します。
  • 出力データを区切りファイルに保管します。
  • サブジョブ全体の継続時間を測定します。
  • 名前置換操作の継続時間を測定します。
  • [Run] (実行)ログコンソールに処理時間に関して収集された情報を表示します。

サブジョブの処理時間を測定するには:

  • [Palette] (パレット)からtRowGeneratortMaptFileOutputDelimited、およびtChronometerStopコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  • [Main Row] (メイン行)リンクを使用して、最初の3つのコンポーネントを接続します。
注: tMaptFileOutputDelimitedに接続すると、出力テーブルの名前を入力するように求められます。この例では「new_order」という名前が使用されています。
  • [OnComponentOk]リンクを使用してtFileOutputDelimitedtChronometerStopに接続します。
  • tRowGeneratorを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてコンポーネントビューを表示します。
  • [component] (コンポーネント)ビューで、[Basic settings] (基本設定)をクリックします。[Component] (コンポーネント)タブは、デフォルトでは[Basic settings] (基本設定)ビューで開きます。
  • [Edit schema] (スキーマの編集)をクリックして、tRowGeneratorのスキーマを定義します。このジョブの場合、スキーマはFirst_NameLast_Nameという2つのカラムで構成されています。[+]ボタンを2回クリックして2列のカラムを追加し、名前を変更します。
  • [RowGenerator Editor]の3点ボタンをクリックしてエディターを開き、生成するデータを定義します。
  • [RowGenerator Editor]で、[Number of Rows for RowGenerator] (RowGeneratorの行数)フィールドに生成する行数を指定し、[OK]をクリックします。[RowGenerator Editor] (RowGeneratorエディター)がクローズされます。
  • 変更をプロパゲートさせるように求められます。ポップアップメッセージで[Yes] (はい)をクリックします。
  • tMapコンポーネントをダブルクリックして、マップエディターを開きます。マップエディターが開き、tRowGeneratorコンポーネントの入力メタデータが表示されます。
  • マップエディターの[Schema editor] (スキーマエディタ)パネルで、出力テーブルのプラスボタンをクリックして2行を追加して定義します。
  • マップエディターで、入力テーブルからFirst_Name行を出力テーブルのLast_Name行にドラッグし、Last_Name行を入力テーブルから出力テーブルのFirst_Name行にドラッグします。
  • [Apply] (適用)をクリックして変更を保存します。
  • 変更をプロパゲートさせるように求められます。ポップアップメッセージで[Yes] (はい)をクリックします。
  • [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  • tFileOutputDelimitedを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてコンポーネントビューを表示します。
  • [Basic settings] (基本設定)ビューで、必要に応じてtFileOutputDelimitedプロパティを設定します。
  • tChronometerStopを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてコンポーネントビューを表示します。
  • [Basic settings] (基本設定)ビューの[Since options] (開始オプション)パネルで[Since the beginning] (ジョブ開始から)オプションを選択して、サブジョブ全体の継続時間を測定します。
  • 必要に応じて、その他のチェックボックスをオンにするか選択解除します。このシナリオでは、コンポーネント名の前にコンソールのサブジョブ継続時間を表示します。
  • 必要に応じて、[Caption] (キャプション)フィールドにテキストを入力します。
  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
注: tRowGeneratorの下にtChronometerStopを配置し、OnSubjobOkリンクを使用して後者をtChronometerStopに接続することで、同じ方法でサブジョブの継続時間を測定できます。