基準の数値に対する製品注文ステータス(日常ベース)の表示 - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

このシナリオでは、注文情報をデータベーステーブルに挿入し、tAssertを使って注文を定数と比較し、tAssertCatcherを使って結果を示すことで、注文ステータスを評価します(実行がスケジュール設定されたら毎日)。この場合、注文数が20以上の場合はOkが返され、20未満の場合はFailedが返されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

本番では、このジョブが毎日実行されるようにスケジュール設定して日次注文レポートを作成できます。また、tFixedFlowInputtLogRow[Database] (データベース) / [File] (ファイル)ファミリーの入力コンポーネントと出力コンポーネントに置き換わります。