tDieコンポーネントによってトリガーされたメッセージをキャッチするジョブを実行する - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
ジョブをセットアップし、tDieコンポーネントによってトリガーされたメッセージをキャッチするためにジョブで使われるコンポーネントを設定した後、ジョブを実行してジョブの実行結果を確認します。

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。
    上記のように、トリガーされたメッセージが収集され、コンソールに表示されます。
  3. tRowGeneratorコンポーネントの[Number of Rows for RowGenerator] (RowGeneratorの行数) フィールドで、生成する行数(たとえば10)を変更し、ジョブを保存して再度実行して、別の結果を見つけます。