tFlowMeter標準プロパティ - 7.3

ログとエラー(インテグレーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtFlowMeterを設定するために使います。

Standard tFlowMeterコンポーネントはログおよびエラーファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Use input connection name as label] (入力接続名をラベルとして使用)

このチェックボックスをオンにすると、入力メイン行フローに指定された名前がログデータのラベルとして再利用されます。

[Mode] (モード)

測定するデータの値のタイプを選択します: [Absolute] (絶対): 実際の行数が記録されます。

[Relative] (相対的): 行数の比率(%)が記録されます。このオプションを選択すると、[Connections List] (接続リスト)が表示され、参照接続を選択できます。

[Thresholds] (スレッショルド)

スレッショルドを追加して、測定されたボリュームの比率を監視します。通常のフローは、行番号の範囲の下限と上限の間にある必要があると決定できます。フローがこの下限を下回っている場合は、ボトルネックが生じています。

Global Variables

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

操作するには入力フローを必要とするため、開始コンポーネントとしては使えません。

データフローのログ、統計、その他の測定が必要な場合は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。