tKafkaInput Stormプロパティ(非推奨) - 7.3

Kafka

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka

このプロパティはStormジョブフレームワークで実行されているtKafkaInputを設定するために使います。

Storm tKafkaInputコンポーネントはメッセージングファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

StormのフレームワークはTalend 7.1以降、非推奨となっています。ストリーミング関連のタスクを実行するには、Apache Sparkストリーミング用のTalendジョブを使用してください。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマの編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは読み取り専用です。メッセージプロデューサーから送信されたメッセージを保管します。

Zookeeperホスト

使うKafkaシステムのZookeeperサービスのアドレスを入力します。

[Port] (ポート)

使うZookeeperサービスのクライアントリスニングポートの数を入力します。

トピック名 tKafkaInputがメッセージフィードを受け取るトピック名を入力します。

使用方法

使用ルール

Talend Stormジョブでは、開始コンポーネントとして使用されます。一緒に使用される他のコンポーネントもStormコンポーネントでなければなりません。Stormシステムで直接実行できるネイティブStormコードを生成します。

Talend Stormジョブの詳細は、 『 Talend Open Studio for Big Data入門ガイド 』にある、 Talend Stormジョブの作成および設定方法を説明しているセクションを参照してください。

特に明記していない限り、このドキュメントのシナリオでは、[Standard] (標準)ジョブ、つまり従来の Talend データ統合ジョブだけを扱います。

ストーム接続

[Run] (実行)ビューの[Storm Configuration] (Storm設定)タブを使用して、ジョブ全体で特定のStormシステムに対する接続を定義する必要があります。

この接続は、ジョブごとに有効になります。