ジョブを1回のクリックで実行する - 7.0

ビッグデータジョブのサンプル

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン > Hadoopディストーション
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン > ジョブフレームワーク > 標準ジョブ
1回クリックするだけで、すべてのジョブを必要な順序で実行することができます。

手順

  1. tRunJobコンポーネントを1つ目のジョブのデザインワークスペースにドロップします。この例では、A_HCatalog_Createです。このコンポーネントはサブジョブとして表示されます。
  2. 先行するサブジョブをtRunJobコンポーネントに[Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続でリンクします。
  3. tRunJobコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Job] (ジョブ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、[Repository Content] (リポジトリのコンテンツ)ダイアログボックスを開きます。現在のジョブが正しく実行した後にトリガーするジョブを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    次に実行されるジョブが[Job] (ジョブ)フィールドに表示されます。

  5. もう一度tRunJobコンポーネントをダブルクリックし、次のジョブを開きます。tRunJobコンポーネントで上記の手順を繰り返し、E_Pig_Count_IPsジョブが最後のF_Read_Resultsジョブをトリガーするように設定します。
  6. 1つ目のジョブを実行します。
    各ジョブが正しく実行されると次のジョブがトリガーされ、最後のジョブがすべて実行されるとその結果が1つ目のジョブのコンソールに表示されます。