コンポーネントの設定 - 7.3

[Properties] (プロパティ)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ

手順

  1. tFileInputPropertiesコンポーネントをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、そのプロパティを定義します。
  2. [File Format] (ファイル形式)で、ファイル形式を選択します。
  3. [File Name] (ファイル名)フィールドで、3点のボタンをクリックし、使用する入力.propertiesファイルを参照します。
  4. 2番目のtFileInputPropertiesで同様に行い、今度はフランスの.propertiesファイルを参照してください。
  5. tMapコンポーネントをダブルクリックして、tMapエディターを開きます。
  6. English_termsテーブルからすべてのカラムを選択し、出力テーブルにドロップします。
    English_termsテーブルから[key] (キー)カラムを選択し、French_termsテーブルの[key] (キー)カラムにドロップします。
  7. tMapエディタの右下にある[glossary] (用語)テーブルで、英語のファイルの値を保持するため、フィールドの名前をENに変更します。
  8. プラス記号ボタンをクリックして[glossary] (用語)テーブルに行を追加し、名前をFRに変更します。
  9. [Length] (長さ)フィールドで、最大長を255に設定します。
  10. tMapエディタの左上でEnglish_termsテーブルの[Value] (値)カラムを選択し、French_termsテーブルのFRカラムにドロップします。終了したら[OK]をクリックして変更を確定し、マップエディターを閉じて変更を次のコンポーネントにプロパゲートします。