ループエレメントを定義する - 7.3

MS XML connectors

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
ループエレメントでは反復オブジェクトを定義できます。一般に、ループエレメントは行ジェネレーターでもあります。

このタスクについて

エレメントをループエレメントとして定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. XMLツリーで該当するエレメントを選択します。
  2. エレメント名の左側を右クリックしてコンテキストメニューを表示します。
  3. [Set as Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。

タスクの結果

[Node Status] (ノードステータス)カラムに新しく追加したステータスが表示されます。

一度に存在できるループエレメントは1つだけです。