ジョブのデザイン - 7.3

MS XML connectors

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)からtFileInputMSXMLコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、コンポーネントをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. 処理するXMLファイルを参照します。このサンプルでは、次のデータを含むD:/Input/multischema_xml.xmlです。
    <root>
            <toy>Cat</toy>
            <record>We Belong Together</record>
            <book>As You Like It</book>
            <book>All's Well That Ends Well</book>
            <record>When You Believe</record>
            <toy>Dog</toy>
    </root>
  3. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに、クエリーの基礎となるXMLツリーのルートを入力します。このサンプルでは、 "/root"です。
  4. 「スキーマXPathループ」カラムの「XPathを有効にする」を選択しますが、順序チェックボックスは無効にします。
    このサンプルでは、目的のフィールドを抽出するには、ソースXMLファイルに表示されるデータの順序を保持せずに、各出力フローの[Outputs] (出力)テーブルの[Schema XPath loop] (スキーマXPathループ)フィールドにXPathパスを定義する必要があります。
  5. 「プラス」ボタンをクリックして[Outputs] (出力)テーブルに行を追加します。ここでは、このサンプルでは出力スキーマ、recordおよびbookを定義できます。
  6. [Outputs] (出力)テーブルで[Schema] (スキーマ)セルをクリックし、3点のボタンをクリックしてスキーマ名を定義できるダイアログボックスを表示します。
    出力スキーマの名前を入力し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. tFileInputMSXMLスキーマエディタが表示されます。
    必要に応じてスキーマを定義します。
  8. 出力スキーマレコードを定義する場合も同じ操作を行います。
  9. [Schema XPath loop] (スキーマXPathループ)セルに、ループが基礎となるXMLツリーのルートを入力します。このサンプルでは、 "/book""/record"をそれぞれ入力します。
  10. [XPath Queries] (クエリー)セルに、構造化XML入力から抽出するフィールドを入力します。このサンプルでは、XPathクエリー"."を入力します。
  11. デザインワークスペースでは、[Palette] (パレット)から2つのtLogRowコンポーネントをドロップし、bookリンクとrecordリンクをそれぞれ使用して、tFileInputMSXMLtLogRow1tLogRow2に接続します。
    2つのtLogRowコンポーネントの名前をそれぞれbookrecordに変更します。