XMLツリーのインポート - 7.3

MS XML connectors

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > MS XMLコンポーネント
最も容易で一般的なXMLツリーパネルの入力方法は、きちんと形成されたXMLファイルをインポートすることです。

手順

  1. [XML tree] (XMLツリー)パネルにデフォルトで表示される[root tag] (ルートタグ)の名前をクリックして変更します。
  2. ルートタグを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。
  3. メニューで[Import XML tree] (XMLツリーのインポート)を選択します。
  4. インポートするファイルに移動し、[OK]をクリックします。
    • XMLツリーはXML、XSD、およびDTD形式のファイルからインポートできます。

    • XSDファイルからXMLツリー構造をインポートする際に、XMLツリーのルートとしてエレメントを選択できます。

    これで、[XML Tree] (XMLツリー)カラムには正しいエレメントが自動的に入力されます。
  5. エレメントまたはサブエレメントを追加または削除する必要がある場合は、ツリーの該当するエレメントを右クリックして、コンテキストメニューを表示します。
  6. [Delete] (削除)を選択してツリーから選択項目を削除するか、または、[Add sub-element] (サブエレメントの追加)[Add attribute] (属性の追加)[Add namespace] (ネームスペースの追加)の中から該当するオプションを選択してツリーをエンリッチします。