tAddLocationFromIP標準プロパティ - 7.3

tAddLocationFromIP

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tAddLocationFromIP
データガバナンス > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tAddLocationFromIP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tAddLocationFromIP

これらのプロパティを使って、標準ジョブフレームワーク内で実行されているtAddLocationFromIPを設定します。

標準tAddLocationFromIPコンポーネントはその他ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)および[Edit schema] (スキーマの編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドを定義するものです。このコンポーネントのスキーマは読み取り専用です。

 

[Built-In] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成して、ローカルに保管します。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

 

Repository (リポジトリ): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。選択した場合、後に続くフィールドは、取得済みデータを使って事前定義されます。

Database Filepath (データベースファイルパス)

IPアドレス検索データベースファイルへのパス。

パラメーターの入力

[Input Column] (入力カラム): 入力値を取得する入力カラムを選択します。

 

input value is a hostname (入力値はホスト名): 入力カラムにホスト名が入力されている場合に選択します。

 

input value is an IP address (入力値はIPアドレス): 入力カラムにIPアドレスが入力されている場合に選択します。

Location type (位置タイプ)

Country code (国コード): 選択すると、IPが国コードに置き換わります。

 

[Country name] (国名): 選択すると、IPが国名に置き換わります。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

Global Variables

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはデータフローの中間段階のステップで、IPを地理位置情報に置き換えることができます。入力フローが必要なので、開始コンポーネントにすることはできません。また、出力コンポーネントも必要です。

[Limitation] (制限事項)

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。

  • geoip.jar