Talend Remote Engineを使わないデータサービスとルートのデプロイ - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
OSGiとマイクロサービスのデプロイ、およびデータサービスとルートのデプロイに対するサポートは、Talend Cloudサブスクリプションユーザーを対象としてTalend Remote Engineでのみ行われるほか、そのデプロイがTalend Cloudによってトリガーされた場合に限られます。

ただし、純粋にテスト目的として、OSGiルートとデータサービスの実行はTalend Studioにリンクしたローカルの Talend Runtimeでもサポートされています。ローカルのマイクロサービスアーティファクトをStudioからエクスポートする操作もサポートされていますが、同じくテスト限定です。

注:

オンプレミスとTalend Cloudのサブスクリプションを同時に持っている場合(たとえば、Talend Data Fabric)は、Talend Remote Engineを既存の Talend Runtimeにリンクできます。ただし、ランタイムをオンプレミスのデプロイにも使用する場合は、この Talend Runtimeで有効なオンプレミスサブスクリプションが必要になります。エンジントークン経由でライセンスされるのは、Talend Cloud - Remote Engine経由でデプロイ専用とする Talend Runtimeインスタンスのみです。