Talend Studioでのリモート実行の有効化 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
Talend Studioから直接、Remote Engineのデザインを実行およびデバッグできます。

始める前に

  • Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineを作成済みであること。
  • Remote Engineとアカウントのペアリングを設定しています。
  • Remote Engineのワークスペースで実行権限を有していること。
  • Remote EngineがRemote Engine Clusterの一部ではないこと。
  • Talend Cloud Management Consoleでインフラストラクチャー管理者ロールを有していること。
  • Talend Remote EngineTalend Studioが同じマシンにインストールされていない場合は、Talend StudioがインストールされているマシンからTalend Remote Engineがインストールされているマシンにアクセスできることを確認してください。

手順

  1. [Engines] (エンジン)ページに移動します。
  2. 1番上のメニューから目的の環境を選択します。
  3. デザインの実行またはデバッグに使用するRemote Engineを開きます。
  4. [INFO] (情報)をクリックします。
  5. リモート実行/デバッグ機能を[Enabled] (有効)に切り替えます。
  6. Remote EngineがインストールされているマシンのIPアドレスとドメイン名を入力します。
  7. [Save] (保存)をクリックします。

タスクの結果

デザインはStudioの開発者が実行できます。手順は、Talend Data Fabric Studioユーザーガイドを参照してください。