カスタムロギングの有効化 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Remote Engineで実行中のタスクのために、Talend Studioで設定されたlog4jとlog4j2のロギングを有効化できます。

始める前に

Talend Studio ([File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集) > Log4j)で、カスタムロギングを有効にする必要があります。

このタスクについて

この設定によってデフォルト設定が置き換えられます。ロギングメッセージはTalend Cloud Management Consoleにプッシュされず、監視/ロギングシステムには存在しなくなります。

手順

  1. <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.jobserver.client.cfgファイルを開いて編集します。
  2. job.log.config.embeddedパラメーターをtrueに設定します。
  3. ファイルを保存します。