Remote Engineのプログラムによる作成とペアリング - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Remote EngineをAPI経由でプログラムを使って作成し、ペアリングして、フローを自動化します。

始める前に

以下のAPIリクエストを実行するマシンにRemote Engineのアーカイブファイルをダウンロードし、ローカルに解凍済みであること。Remote Engineがまだペアリングされていません。

このタスクについて

次の例のコードサンプルには、シェルスクリプトのさまざまな部分が示されています。

手順

  1. Talend Cloudのプロファイル環境設定で[Personal Access Token] (パーソナルアクセストークン)を生成します。このトークンによってAPI呼び出しが署名されます。
  2. POSTを使い、runtimes/remote-enginesエンドポイントにRemote Engineを作成します。

    payloadにいくつかのパラメーターが定義されており、その一部はオプションです。

    注:

    パラメーターの完全リストを取得するには、以下のサイトでSwagger UI APIのリファレンスをご覧ください: https://api.us.cloud.talend.com/tmc/ (AWS米国)、https://api.eu.cloud.talend.com/tmc/ (AWS欧州)、https://api.ap.cloud.talend.com/tmc/ (AWSアジアパシフィック)、https://api.us-west.cloud.talend.com/tmc/ (Azure米国西部)。

    environmentIdパラメーターとworkspaceIdパラメーターを検索する場合は、GETリクエストをworkspacesエンドポイントに送信します。

    curl -X POST 
    --header 'Content-Type: application/json' 
    --header 'Accept: application/json' 
    --header 'Authorization: Bearer 'VtBmuAoYSse6FW4zh8JqlnQsl73P8xAB4j9-qD98qx8HI48DDJEUKCBKncU5FSGi' -d '{
           "name": "My Remote Engine",
    		"environmentId": "5d1619bb818cfe3dca795e41",  
            "workspaceId": "5d1619bb818cfe3dca795e44" 
           }' 
    'https://api.us.cloud.talend.com/tmc/v1.3/runtimes/remote-engines'
    
  3. 新しいRemote Engineのペアリングキーを取得し、そのRemote Engineのインストールディレクトリにあるpreauthorized.key.cfgファイルに挿入します。
    echo "remote.engine.pre.authorized.key = $PAIRING_KEY" > <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/preauthorized.key.cfg 
    ヒント: このペアリングキーは、Remote Engine作成レスポンスボディのpreAuthorizedKeyパラメーターから取得できます。
  4. Remote Engineのインストールディレクトリのorg.talend.ipaas.rt.pairing.client.cfgファイルにあるデプロイリージョンに一致するよう、このペアリングサービスを更新します。
    次の例をTalend Cloudリージョンに適用させます。
    echo "pairing.service.url=https://pair.us.cloud.talend.com" > <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.pairing.client.cfg

タスクの結果

新しいRemote Engineは起動時にペアリングされます。次の例では、作成したRemote Engineを既存のRemote Engineクラスターに追加する方法を説明しています。