OSGiサービスの設定 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

設定を編集してOSGiデプロイをカスタマイズする必要があります。

特定のデプロイ設定 説明
カスタム環境のコンテキスト OSGiタスクがデプロイされているTalend Cloud Management Console内の環境。この環境は、OSGiルート/データサービス実行のコンテキストとして使われます。Talend Studioから公開されたバイナリkarファイル内にこのコンテキストが存在しない場合、 Talend Runtimeデフォルトコンテキストにフォールバックしてルート/データサービスを実行します。
コンテキストパラメーターの上書き Talend Cloud Management Console内でタスク設定中に[Parameters] (パラメーター)[Advanced Parameters] (詳細パラメーター)[Connections] (接続)[Resources] (リソース)の各ステップで設定された値は「上書き」パラメーターとして処理され、 Talend Runtimeで最優先で使われます。