JMXを使ったリモートアクセスの有効化(オプション) - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
JMXを使ってTalend Remote Engineにアクセスする場合は、構成ファイルを編集する必要があります。

手順

  1. <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.apache.karaf.management.cfgファイルを開いて編集します。
    rmiRegistryHostrmiServerHostの値は、デフォルトでlocalhostに設定されています。
  2. このrmiRegistryHostrmiServerHostの値を0.0.0.0に変更し、保存します。
  3. プロンプトが表示されたら、次のログインとパスワードを入力して接続します。
    • ログイン: karaf
    • パスワード: karaf

タスクの結果

これで、JMXを使用して他のマシンからTalend Remote Engineに接続できるようになります。