Remote Engineを作成 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

始める前に

  • Talend Cloud Management Consoleでインフラストラクチャー管理者ロールが付与されていること。

手順

  1. Talend Cloud Management Consoleを開きます。
  2. [Engines] (エンジン)ページに移動します。
  3. [ADD] (追加)をクリックし、ドロップダウンリストから[Remote Engine]を選択します。
  4. エンジンの作成に使用する環境を選択します。
    現在の環境がデフォルトで選択されます。
  5. オプション: エンジンの割り当て先とするワークスペースを選択します。
    デフォルトで、エンジンは環境のどのワークスペースででも使用可能です。この手順では、特定の1ワークスペースでのみ利用可能となるようエンジンを割り当てることができます。
  6. エンジンの名前を入力します。
  7. オプション: 実行するタスクの種類に合った実行プロファイルを選択します。
    • ジョブ(デフォルトで設定)
    • マイクロサービス
    • Talend Runtime (OSGi)
    Talend Cloud Management Consoleからデータサービスやルートをデプロイする場合は、マイクロサービスかOSGi実行プロファイルを設定する必要があります。これらのプロファイルタイプは、Remote Engineの作成か編集時にのみ設定できます。[Engine details] (エンジンの詳細)タブの[ADD PROFILE] (プロファイルの編集)オプションを使って追加することはできません。
  8. マイクロサービスかOSGi実行プロファイルを選択した場合は、お使いのアーティファクト、およびTalend Remote Engine Talend Runtimeのバージョンと互換性があるバージョンのTalend Studioを選択します。互換性マトリクスは、Cloud EngineとTalend Remote Engineのアーテフィファクトの互換性を参照してください。
    システムチェックのため、互換性がないRemote Engineではタスクを実行できません。
  9. オプション: エンジンの説明を追加します。
  10. [SAVE] (保存)をクリックします。

タスクの結果

Remote Engineが作成されます。ステータスは[Not Paired] (ペアリングなし)になります。

次のタスク

新しいRemote Engineの名前をクリックし、[Engine details] (エンジンの詳細)タブを開きます。[Installation] (情報)ページに、ペアリングステージで使用する事前承認キーがあります。