Remote Engine監視APIの呼び出し - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

手順

  1. Talend Cloud API TesterなどのRESTクライアントを使って次のエンドポイントを呼び出します:
    GET http://{ip_where_RE_is_installed}:8043/metrics/json
    GET http://{ip_where_RE_is_installed}:8043/metrics/prometheus

    8043はRemote EngineのデフォルトのHTTPポートです。このポートをインストール時に使用したポートに置き換えます。

    例え

    GET http://localhost:8043/metrics/json
  2. ヘッダーを追加します。
    Authorization: Bearer {token}

    トークンが<RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.observability.http.security.cfgファイルでendpointToken={token}として定義されます。