Talend Remote Engineの実行ユーザー化の設定 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Talend Cloud Management Consoleを使用すると、[Run As] (別のユーザーとして実行)オプションを使用して異なるUNIXシステムユーザーとしてタスクを実行できます。

サーバー上でタスクを開始する際のエラーを回避するには、まず次のことを行う必要があります。

  • いくつかのサーバーディレクトリに特定の権限を与える。
  • umaskを設定することによってTalend Remote Engineで作成されたディレクトリとファイルに必要な権限を与える。
  • サーバーからタスクを実行できるオペレーティングシステムユーザーを定義する。
  • エンジンに使用されているJavaインストールに実行ユーザがアクセスできることを確認してください。

実行ユーザーオプションはRemote Engineクラスターでも利用できます。以上の手順に従って、クラスター内のエンジンをすべて設定する必要があります。