ジョブ実行プロファイルの設定 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Remote Engineやクラスターが作成された後は、ジョブ実行プロファイルを定義し、そのJVM引数を設定できます。

始める前に

  • Talend Cloud Management Consoleでインフラストラクチャー管理者ロールが付与されていること。

手順

  1. [Engines] (エンジン)ページに移動します。
  2. 1番上のメニューから目的の環境を選択します。
  3. Remote Engineかクラスターの名前をクリックします。
  4. [Engine details] (エンジンの詳細)ページで[Run profiles] (プロファイルの実行)タブをクリックします。
  5. [ADD PROFILE] (プロファイルの追加)をクリックします。
  6. プロファイルを関連付けるエンジンかクラスターを選択します。
    現在のエンジンかクラスターがデフォルトで選択されます。
  7. 正しい実行プロファイルの種類を選択します。
    現在のところ、このビューでエンジンに追加できるのはジョブ実行プロファイルのみです。
  8. 実行プロファイルの名前を入力します。
  9. オプション: プロファイルの説明を追加します。
  10. エンジンで実行中であるすべてのジョブについて、このプロファイルを使って設定するJVM引数を構成します。
    ここで設定されるJVMパラメーター値は、Talend Studioで設定された値を上書きします。
  11. 違うJVM設定で別の実行プロファイルを作成する場合は、[SAVE] (保存)[SAVE AND ADD ANOTHER] (保存して別の項目を追加)をクリックします。