設定ファイルによるRemote Engineのペアリング - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
ローカルマシンのRemote Engine設定を構成して、Remote Engineとペアリングします。

始める前に

  • Remote Engineをインストールしました。
  • Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineを作成しました。

このタスクについて

インストーラーを使用してRemote Engineをインストールし、インストールプロセスでRemote Engineを既に定義している場合、設定ファイルは既にセットアップされています。

手順

  1. Talend Cloud Management Consoleを開きます。
  2. [Engines] (エンジン)ページに移動します。
  3. 1番上のメニューから目的の環境を選択します。
  4. ペアリングするRemote Engineを開きます。
  5. [Info] (情報)をクリックします。
  6. 事前承認済みキーをコピーします。
  7. Remote Engineが開始している場合は、<RemoteEngineInstallationDirectory>/binフォルダー内のstopファイルを実行して停止します。
  8. <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/preauthorized.key.cfgを開きます。
  9. パラメーターを編集します。
    remote.engine.pre.authorized.key
    事前承認済みキーを貼り付けます。
    remote.engine.name
    Remote Engineの名前を入力します。
    remote.engine.description
    Remote Engineの説明を入力します。
  10. ファイルを保存します。
  11. お使いのマシンでTalend Remote Engineコンソール(trun )を起動します。
  12. listと入力してEnterキーを押します。
    すべてのバンドルは[Active] (アクティブ)ステータスになります。

タスクの結果

Remote Engineがアカウントとペアリングされ、ステータスがTalend Cloud Management Console上の[Paired] (ペアリング済み)に変更されます。

Remote Engineによるタスクを実行ランタイムとして実行する場合は、エンジンが置かれているワークスペースにの右側に[Execute] (実行)があることを確認してください。