R2021-01の新機能 - 7.3

Talend ESB製品リリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend Open Studio for ESB
task
インストールとアップグレード
リリースノート

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

製品

Talend Studio用の共有モード Talend Studioで共有モードがサポートされるようになりました。これにより、Talend Studioがインストールされているマシンの各ユーザーは、さまざまな設定とワークスペースフォルダーで作業できます。

Talend Data Services Platform

ライブラリー共有のエンハンスメント

Talend Studioで以下がサポートされるようになりました:

  • 起動時にローカルライブラリーリポジトリーにライブラリーを共有するかどうかの設定
  • 起動後にライブラリーを手動で共有

デフォルトでは、起動のパフォーマンスを改善するためにTalend Studioの起動時にライブラリーは共有されません。

Talend Data Services Platform

SAP関数抽出パスがカスタマイズ可能に

抽出されたデータを保持するファイルを生成するSAP関数のパスを指定できます。適用されるコンポーネント:

  • tELTSAPMap
  • tSAPDSOInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)
  • tSAPODPInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)
  • tSAPInfoCubeInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)

Talend Data Services Platform

tGPGDecrypt: GPG復号コマンドの追加パラメーターを指定

[Use extra paramaters] (追加パラメーターの使用)オプションが提供され、GPG復号コマンドに追加パラメーターを指定できるようになりました。

Talend Data Services Platform

Greenplum 6.xのサポート

今回のリリースではGreenplum 6.xをサポートしています。

Talend Data Services Platform

Greenplumコンポーネント: デフォルトのデータベースドライバーが変更

Greenplumコンポーネント用のデータベースドライバーが、デフォルトでGreenplumとなります。

Talend Data Services Platform

tGreenplumGPLoadが改善

tGreenplumGPLoadに複数の新機能/オプションが追加されました。詳細は以下のとおりです。

  • [Basic settings] (基本設定)ビューの[Populate column list based on the schema] (スキーマに基づくカラムリストに入力)オプション。スキーマで定義したカラムをYAMLファイルに追加します。
  • [Addition options] (追加オプション)テーブルに次の新しいパラメーターが追加されました: LOG_ERRORSMAX_LINE_LENGTHEXTERNAL_SCHEMA (_ext_stg_objects)PRELOAD_TRUNCATEPRELOAD_REUSE_TABLESPRELOAD_STAGING_TABLEPRELOAD_FAST_MATCHSQL_BEFORE LOADSQL_AFTER LOAD
  • [Advanced settings] (詳細設定)ビューに[Remove datafile on successful execution] (実行が成功するとデータファイルを削除)オプションと[Gzip compress the datafile] (データファイルをGzip圧縮)オプション。ロード操作が完了するとデータファイルを削除し、Gzipを使用してデータファイルを圧縮します。
  • 追加された新しいグローバル変数: NB_LINE_INSERTEDNB_LINE_UPDATEDNB_DATA_ERRORSGPLOAD_STATUSGPLOAD_RUNTIME

Talend Data Services Platform

Data Quality: 新しい機能

機能

説明

製品

共有モード Talend Studioが共有モード対応になりました。有効にすると、一部のパスが変わります:
  • tBRMSでは、DroolsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/Drools/となります
  • tDqReportRunでは、Generated reportsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/Generated reports/となります
  • シノニムインデックスでは、addonsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/addons/となります

Talend Data Services Platform

サポートされているデータベース [Table] (テーブル)スキーマ、[View] (ビュー)スキーマ、[Calculation view] (計算ビュー)スキーマのProfilingパースペクティブで、SAP Hanaがサポートされるようになりました。

Talend Data Services Platform

tDataMasking

tDataUnmasking

Dynamicデータ型がStandardコンポーネントによってサポートされるようになりました。

Talend Data Services Platform