出力コンポーネントの設定 - 7.3

NamedPipe

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe

手順

  1. tNamedPipeOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューでそのプロパティを定義します。
  2. [Use existing pipe connection] (既存のパイプ接続を使用)チェックボックスをオンにして、[Pipe component] (パイプコンポーネント)リストからtNamedPipeOpen_1を選択します。
  3. 名前付きパイプの重複を避けるには、[Delete pipe if it exists] (存在する場合パイプを削除)を選択します。
  4. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。
  5. 残りの設定はそのままにしておきます。
  6. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューでそのプロパティを定義します。
  7. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。
  8. [Mode] (モード)エリアで[Table] (テーブル)を選択します。
  9. tNamedPipeCloseをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューでそのプロパティを定義します。
  10. [Pipe] (パイプ)リストからtNamedPipeOpen_1を選択します。