XMLファイルを分割およびフラット化するジョブを作成する - 7.3

Talend Data Mapperユーザーガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

手順

  1. Integrationパースペクティブで[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを右クリックし、[Create Standard Job] (標準ジョブの作成)をクリックします。
  2. ジョブの名前、目的、説明を入力して[Finish] (終了)をクリックします。
  3. 次のコンポーネントをデザインワークスペースに追加します。
    • tFileInputRaw
    • tHMap
    • 3つのtFileOutputRaw
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してtFileInputRawtHMapにリンクします。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してtHMapを3つのtFileOutputRawコンポーネントにリンクし、ターゲットコンポーネントからスキーマを取得するかどうか尋ねられた場合は、接続の名前を入力して[Yes] (はい)をクリックします。
    出力接続の名前は、フラット化マップの出力のルートエレメントの名前と同じである必要があります。この例では、接続名はmondial_map_out_1mondial_map_out_2mondial_map_out_3とする必要があります。
  6. tFileInputRawをダブルクリックし、[Filename] (ファイル名)の右側にある[...]ボタンをクリックして入力ファイルを選択し、[Encoding] (エンコーディング)ドロップダウンリストでUTF-8を選択します。
  7. tHMapコンポーネントをクリックして[Component] (コンポーネント)タブを開きます。
  8. [Map Path] (マップパス)フィールドで、作成したフラット化マップを選択します。
  9. tFileOutputRawコンポーネントをダブルクリックし、作成する各出力ファイルのファイル名を入力して、[Encoding] (エンコーディング)ドロップダウンリストからUTF-8を選択します。
    この例では、ファイル名はC:/Users/jsmith/Documents/countries.csvC:/Users/jsmith/Documents/cities.csvC:/Users/jsmith/Documents/provinces.csvとなります。
  10. [Run] (実行)タブを開き、[Run] (実行)をクリックします。

タスクの結果

ジョブが実行され、選択したフォルダーに3つのファイルが作成されます。