新しいカスタム属性の追加 - 7.1

Talendデータカタログ管理ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
管理と監視

始める前に

[Administrators] (管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインします。

手順

  1. Metadata Managerから[Tools] (ツール) > [Administration] (管理)に、またはMetadata Explorerから[MANAGE] (管理)に移動します。
  2. [Attributes] (属性)タブを選択します。
  3. [Add] (追加)をクリックし、次のフィールドに入力します。
    フィールド 説明
    [Name] (名前) カスタム属性の名前を入力します。
    [Description] (説明) カスタム属性の名前を入力します。
    [Scope] (範囲) カスタム属性の割当先とするオブジェクトタイプの範囲を選択します。

    どのようなメタデータオブジェクトにもカスタム属性が割り当てられる可能性があるため、このリストは非常に長くなります。

    [Type] (タイプ) カスタム属性のデータタイプを指定します。
    [Default Value] (デフォルト値) オプションとして、デフォルト値も入力できます。
    [Edit permission] (編集権限) オプションとして、カスタム属性の編集権限も付与できます。
    この例では、Security Classification Statusという名前のカスタム属性を追加します。
  4. [Create] (作成)をクリックします。